論文発表(2012)

P53 inhibits vascular endothelial growth factor expression in solid tumor.

  • Yoshioka Y, Shimizu S, Ito T, Taniguchi M, Nomura M, Nishida T, Sawa Y.
    J Surg Res. May 15; 174(2): 291-7, 2012

Prevention of GVHD and graft rejection by a new S1P receptor agonist, W-061, in rat small bowel transplantation.

  • Song J, Hagiya H, Kurata H, Mizuno H, Ito T.
    Transpl Immunol. 26(2-3):163-70, 2012

A Newly Developed Container for Safe, Easy, and Cost-effective Overnight Transportation of Tissues and Organs by Electrically Keeping Tissue or Organ Temperature at 3 to 6°C.

  • Ohkawara H, Kitagawa T, Fukushima N, Ito T, Sawa Y, Yoshimine T.
    Transplant proc. 44(4):855-8, 2012

Medical aromatherapy practice in Japan.

  • K. Maeda, T. Ito, S. Shioda.
    In Essence. 10(4)spring:14-16,2012

Rapamycin causes upregu- lation of autophagy and impairs islets function both in vitro and in vivo.

  • Tanemura M, Ohmura Y, Deguchi T, Machida T, Tsukamoto R, Wada H, Kobayashi S, Marubashi S, Eguchi H, Ito T, Nagano H, Mori M, Doki Y.
    Am J Transplant. 12:102-114, 2012

Absorption of lipid components in macadamia nut (Macadamia integrifolia) carrier oil with special reference to a lipokine, palmitoleate.

  • M Sakaue, K Maeda, Y Koga, R Sumi, H Tojo, T Ito.
    International Journal of Professional Holistic Aromatherapy. 1(3):29-34, 2012

特集「法改正後の移植の現状と問題点:腎膵領域」法改正後膵臓移植の現状.

  • 伊藤壽記.
    移植. 47(1):27-32, 2012

チアゾリジン誘導体と膀胱がん.

  • 宇留島隼人、伊藤壽記、前田和久.
    Vascular Medicine. 8(1):85-88, 2012

移植特集 膵臓移植の現況.

  • 伊藤壽記.
    大阪大学医学部学友会会誌, 2012

生活習慣病型癌患者を対象とした統合的なライフスタイル介入の試み.

  • 須見遼子、前田和久、宇留島隼人、平井 啓、林 紀行、蘆原恵子、田口啓太、松本めぐみ、阪上未紀、伊藤和憲、福田文彦、石崎直人、伊藤壽記.
    日本統合医療学会誌. 5 (2):43-48, 2012

本邦における膵臓・膵島移植の現況と展望.

  • 伊藤壽記、川本弘一、永野浩昭.
    糖尿病の進歩. 46:52-58, 2012

本邦膵移植症例登録報告(2012).

  • 伊藤壽記.
    移植. 47(6), 2012

食から健康と鍼灸を見つめなおす.

  • 前田和久、野口栄太郎、三猪忠道.
    全日本鍼灸学会雑誌. 62(4):299-324, 2012

肥満特集 腹囲3㎝、体重3㎏、減らそう.

  • 前田和久.
    さかえ. 11月号:8-11, 2012

肥満の予防・治療に効果のある機能性食品について.

  • 須見遼子、前田和久、伊藤壽記.
    機能性食品医用学会ガイドブック. 37-40, 2012

認知症の心理社会的介入法.

  • 林 紀行.
    老年精神医学雑誌. 23(6):750-756, 2012

【東京宣言特集】心と身体をみつめる日本鍼灸の叡智 日本鍼灸の研究の発展.

  • 福田文彦、伊藤和憲、北小路博司.
    全日本鍼灸学会雑誌. 62(2):103-107, 2012

肺癌再発患者の化学療法に伴う嘔気に対する鍼治療の1症例

  • 北林亜由美、鈴木雅雄、竹田太郎、福田文彦、石崎直人、苗村健治.
    東洋医学. 17(4):5-12, 2012

肺がん患者への身体活動支援の実際(特集:がんと身体活動).

  • 荒井弘和、原田和弘、平井 啓、所 昭宏.
    体育の科学. 62, 2012

グッドデス概念を使って難しい状況を理解しよう(第2回)事例を考える(1)残された時間を知るべきか?死を意識せずに過ごすべきか?:自分らしく生き抜いた事例.

  • 平井 啓、高見陽子.
    緩和ケア. 22(1):40-42, 2012

がん医療において心理士に求められる役割について:大阪大学医学部附属病院心のケアチームの臨床実践データから.

  • 吉津紀久子、東井申雄、平井 啓.
    心身医学. 52(5):405-412, 2012

小児がん患者における病期のとらえ方の検討.

  • 武井優子、尾形明子、平井 啓、小澤美和、盛武 浩、真部 淳、鈴木伸一.
    心身医学, 52(7):638-645, 2012

ネフローゼ症候群における栄養指標としての血清コリンエステラーゼ値の意義.

  • 畑 伸顕、和佐勝史、須見遼子、辻本貴江、岡本 梓、竹中美樹、若林亜耶、山本美紀子、清水健太郎、曹 英樹、福澤正洋.
    栄養-評価と治療-. 29(1):28-31, 2012

マカダミアナッツオイルのインスリン感受性亢進作用

  • 阪上未紀、前田和久、須見遼子、林 紀行、須藤昌子、東城博雅、伊藤壽記.
    日本アロマセラピー学会誌. 11:37-41, 2012