学会発表(2014)

国際学会

  • 1. Maeda K, Central role of adiponectin and other adipokines in appetite and Energy Expenditure, 12th International Congress on Obesity, Invited Lecture, Kuala Lumpur, Malaysia (2014.3)
  • 2. Lin H, Maeda K, Fukuhara A, Shimomura I, Ito T, Novel form of salivary adiponectin as a noninvasive biomarker, The 12th International Congress on Obesity, Poster, Kuala Lumpur, Malaysia (2014.3)
  • 3. Takeiri S, Maeda K, Matsumoto M, Ito T, The Clinical Benefit of Capsinoids in Obesity Treatments, 12th International Congress on Obesity, Poster, Kuala Lumpur, Malaysia (2014.3)【第12回国際肥満学会Travel Grant受賞(日本肥満学会)】
  • 4. Tsujimoto T, Yamamoto Y, Wasa M, Takenaka Y, Nakahara S, Takagi T, Tsugane M, Hayashi N, Maeda K, Inohara H, Uejima E, Ito T, A double-blind, randomized, placebo-controlled trial of L-glutamine for the severity of oral mucositis induced by chemoradiotherapy in patients with locally advanced head and neck cancer, The 50th Annual Meeting of American Society of Clinical Oncology (ASCO2014) , Poster, Chicago, IL (2014.5)
  • 5. Ito T, What will be the“hottest”area of nutrition research in 2020 ?– Aging – Kosuna Distingushed Lecture at UC Davis, Oral, Davis CA, (2014.6)
  • 6. Yasueda A, Maeda K, Ito T, Evidence-based clinical review of anti-obesity supplements in Japan, The 22st International Congress on Nutrition and Integrative Medicine (ICNIM2014), Poster, Sapporo, Japan (2014.7)
  • 7. Urushima H, Nishimura J, Mizushima T, Miura T, Maeda T, Hayashi N, Maeda K, Ito T, The efficacy of perilla extract on DSS-induced colitis (the third report), The 22st International Congress on Nutrition and Integrative Medicine (ICNIM2014), Poster, Sapporo, Japan (2014.7)
  • 8. Tsujimoto T, Yamamoto Y, Wasa M, Takenaka Y, Nakahara S, Takagi T, Tsugane M, Hayashi N, Maeda K, Inohara H, Uejima E, Ito T, L-Glutamine decreases the severity of mucositis induced by chemoradiotherapy in patients with head and neck cancer: a double-blind, randomized, placebo-controlled trial, The 22st International Congress on Nutrition and Integrative Medicine (ICNIM2014), Poster, Sapporo, Japan (2014.7)
  • 9. Ito T, Tsujimoto T, Yamamoto Y, Wasa M, Hayashi N, Maeda K, Inohara H, Uejima E, L-Glutamine Decreases the Severity of Mucositis induced by Chemoradio‐therapy in Patients with Head & Neck Cancer. – A double-blind, randomized, placebo-controlled, trial – , The 11th International Conference of the Society for Integrative Oncology (SIO2014), Oral, Houston, TX (2014.10)
  • 10. Maeda K, Obesity and Cancer – via adipose derived stem cells -, The 12th National Cancer Conference, Invited Lecture, Bangkok, (2014.11)
  • 11. Urushima H, Kawaura R, Kuretani A, Honda J, Kitayama M, Ito T, Maeda K, Maltitol prevented and ameliorated NAFLD correlated symptoms, The 12th National Cancer Conference, Poster, Bangkok, Thailand (2014.11)
  • 12. Maeda K, Individualized intervention with functional foods against obesity and cancer via Metabolic Stem Cell (MSC) system, Institute of Asean Integrative Medicines, The 1st Annual Conference (IAIM2014), Invited Lecture, Bangkok, Thailand (2014.11)

国内学会

Ⅰ 特別講演・教育講演

  • 1. 須見遼子, 中島清一, 飯島英樹, 新崎信一郎, 和佐勝史, 竹原徹郎, 井上善文, 伊藤壽記, IFX治療を受けるクローン病患者に対する導入時栄養評価の意義:NRIを中心に, 第29回日本静脈経腸栄養学会学術集会, 受賞講演, 横浜 (2014.2)【NUTRI YOUNG INVESTIGATOR AWARD受賞】
  • 2. 伊藤壽記, 本邦における膵臓・膵島移植の現況と課題, 和歌山県医師会内科医会 第239回学術講演会, 特別講演, 和歌山(2014.3)
  • 3. 伊藤壽記, 日本における統合医療の在り方について, 第3回エビデンスに基づく統合医療研究会, 基調講演, 大阪(2014.8)
  • 4. 伊藤壽記, これからの新たな医療としての全人的統合医療, 第18回 日本統合医療学会, 発表IMJ企画:未来型医療の在り方と統合医療, 横浜(2014.12)

Ⅱ シンポジウム・パネルディスカッション・ワークショップ

  • 1. 伊藤壽記, 我が国の膵臓移植現状と課題, 第57回日本糖尿病学会年次学術集会, シンポジウム:膵・膵島移植はどうなっていくのか?‐現状と将来展望‐, 大阪(2014.5)
  • 2. 福田文彦, ストレス疾患(反応)に対する鍼灸治療, 第84回日本衛生学会学術総会, シンポジウム:ストレスに対する東洋医学的アプローチ, 岡山(2014.5)
  • 3. 林 紀行, マインドフルネス的観点からのトラウマケア, 第110回日本精神神経学会, シンポジウム:トラウマ記憶に焦点化しない治療:PTSD治療の新しい潮流, 横浜(2014.6)
  • 4. 平井 啓, 問題解決のための交渉学, 第19回日本緩和医療学会学術大会, シンポジウム:緩和ケアの現場で起こる意見の違い・対立をどう克服するか, 神戸(2014.6)
  • 5. 伊藤壽記, Present status of pancreas transplantation from deceased donors in JAPAN, 第45回日本膵臓学会, International Teleconference, 北九州(2014.7)
  • 6. 辻本貴江, 山本佳史, 和佐勝史, 竹中幸則, 中原 晋, 高木達也, 津金麻美子, 林 紀行, 前田和久, 猪原秀典, 上島悦子, 伊藤壽記, 頭頸部癌の化学放射線療法下の口腔粘膜障害に対するグルタミンの有用性に関する臨床研究, 第51回日本外科代謝栄養学会学術集会, シンポジウム, 大阪(2014.7)
  • 7. 前田和久, 肥満外来における機能性食品の臨床応用について, 第3回エビデンスに基づく統合医療研究会, シンポジウム:食と薬~機能性食品を中心に, 大阪(2014.8)
  • 8. 伊藤壽記, 緩和ケアにおける統合医療の意義と役割, 日本統合医療学会京滋支部・阪奈支部及び阪奈支部ヨーガ部会合同総会, シンポジウム:緩和ケアにおける統合医療とヨーガ療法, 京都(2014.11)
  • 9. 平井 啓, がん検診受診率向上のための行動変容アプローチ, 第21回日本行動医学会学術総会, シンポジウム:ヘルスプロモーション最前線‐行動医学および認知行動療法の貢献‐, 所沢(2014.11)
  • 10. 伊藤壽記, エビデンスに基づく日本型統合医療の意義と実践, 第18回日本統合医療学会,シンポジウム:統合医療におけるエビデンスとアート, 横浜(2014.12)
  • 11. 前田和久, 生活習慣病に対する臨床的アプローチ, 第18回日本統合医療学会, シンポジウム:生活習慣病に対する臨床アプローチ, 横浜(2014.12)
  • 12. 前田和久, 内臓脂肪とアディポネクチンをターゲットにした戦略, 第12回日本機能性食品医用学会総会, シンポジウム:食に対する機能性表示容認を、どう生かすか?, 京都(2014.12)
  • 13. 前田和久, 肥満に対する機能性食品のエビデンス, 脳心血管抗加齢研究会2014, 特別企画:機能性食品を考える, 大阪(2014.12)
  • 14. 林 紀行, マインドフルネス的観点からのトラウマケア, 第28回日本エイズ学会学術集会, シンポジウム:マインドフルネスをケアに活かす~自他へのまなざしをやわらかく~, 大阪(2014.12)

Ⅲ 一般演題(口演・ポスター)

  • 1. 櫛引絵美, 福田文彦, 久保春子, 伊藤壽記, 石崎直人, Paclitaxel誘発性末梢神経障害に対する鍼治療の予防効果, 第63回(公社)全日本鍼灸学会学術大会, 口演, 松山(2014.5)
  • 2. 蘆原恵子, 福田文彦, 田口敬太, 石崎直人, 伊藤和憲, 伊藤壽記, 放射線療法による口腔乾燥症状に対する鍼治療の安全性とその効果, 第63回(公社)全日本鍼灸学会学術大会, 口演, 松山(2014.5)
  • 3. 蘆原恵子, 福田文彦, 田口敬太, 石崎直人, 伊藤和憲, 伊藤壽記, 放射線療法による口腔乾燥症状に対する鍼治療の安全性と効果の検討, 第63回(公社)全日本鍼灸学会学術大会, 口頭, 松山(2014.5)
  • 4. 鎌田 穣, 黒川順夫, 米澤紗智江, 大友秀治, 岩田昌美, 伴 郁美, 心身医学領域でのストレスマネージメントにおけるヨーガ療法の奏功機序, 第55回日本心身医学会総会, ポスター, 千葉(2014.6)
  • 5. 岩田昌美, 鎌田 穣, 野瀬博之, ADL低下状態にある後期高齢2事例へのヨーガ療法の適用の試み‐呼吸法の種類がもたらす影響‐, 第55回日本心身医学会総会, ポスター, 千葉(2014.6)
  • 6. 阪上未紀, 前田和久, 東城博雅, 伊藤壽記, アロマセラピーにおけるリポカイン・パルミトレイン酸を豊富に含むマカダミアナッツオイルの経皮吸収とその効果について, 第14回日本抗加齢医学会総会, 口演, 大阪(2014.6)
  • 7. 松本めぐみ, 古賀祐介, 若命浩二, 三浦健人, 伊藤友洋, 伊藤壽記, 前田和久, ボタンボウフウ及びその化学成分のアディポネクチン分泌促進効果の検討, 第14回日本抗加齢医学会総会, 口演, 大阪(2014.6)
  • 8. 宇留島隼人, 真田泰明, 阪上未紀, 川浦亮介, 榑谷 彩, 北山雅也, 伊藤壽記, 前田和久, 脂肪肝に対する機能性甘味料マルチトールの有効性評価, 第14回日本抗加齢医学会総会, 口演, 大阪(2014.6)
  • 9. 安枝明日香, 前田和久, 伊藤壽記, 日本市場における抗肥満サプリメントのエビデンスに基づく臨床試験実施の現状, 第14回日本抗加齢医学会総会, ポスター, 大阪(2014.6)
  • 10. 福田文彦, 久保春子, 櫛引絵美, 石崎直人, 廣瀬富紀子, 徳島裕子, 住吉一浩, 井口千景, 小池健太, 山本 仁, 丸山尚美, 田口哲也, 玉木康博, 芝 英一, 野口眞三郎, 伊藤壽記, 化学療法の副作用に対する鍼治療‐Paclitaxel誘発性末梢神経障害に対して‐, 第22回日本乳癌学会学術総会, 口演, 大阪(2014.7)
  • 11. 竹入沙知, 前田和久, 東井申雄, 林 紀行, 宮崎安弘, 瀧口修司, 土岐祐一郎, 伊藤壽記, 腹腔鏡下袖状胃切除術後の精神疾患についての検討, 第32回日本肥満症治療学会学術集会, ポスター, 大津(2014.7)【優秀ポスター賞受賞】
  • 12. 平井 啓, 実行意図と計画意図の形成と行動変容:乳癌検診の受診行動への介入研究からの示唆, 日本社会心理学会第55回大会, 口頭, 札幌(2014.7)
  • 13. 安枝明日香, 萩原邦子, 前田和久, 伊藤壽記, ライフスタイル介入により術前の減量が成功した生体腎移植ドナー3例, 第3回エビデンスに基づく統合医療研究会, ポスター, 大阪(2014.8)
  • 14. 宇留島隼人, 西村潤一, 水島恒和, 三浦健人, 前田哲宏, 林 紀行, 前田和久, 伊藤壽記, DSS誘導腸炎に対するシソエキスの有効性, 第3回エビデンスに基づく統合医療研究会, ポスター, 大阪(2014.8)
  • 15. 伊藤壽記, これからの統合医療のあり方-医療モデルとして-, 日本統合医療学会鹿児島支部学術集会, 口演, 鹿児島(2014.8)
  • 16. 平井 啓, 中村菜々子, 佐々木淳, 岸あかね, 谷向 仁, メンタルヘルス受療行動の適正化に有用なメッセージ開発, 日本心理学会第78回大会, ポスター, 京都(2014.9)
  • 17. 岩田昌美, 高垣加代子, 大西馨子, 鎌田 穣, 高齢者と生活習慣病に対するヨーガ療法の適用可能性について(その1)‐運動療法的側面と心理療法的側面における奏功機序‐, 第33回日本臨床運動療法学会学術集会, ポスター, 大阪(2014.9)
  • 18. 林 紀行, TFTの臨床応用, 信貴山シンポジウム, 口頭, 奈良(2014.9)
  • 19. 竹入沙知, 前田和久, 梶本佳孝, 伊藤壽記, 肥満外来におけるマジンドール投与後のカプシエイト類摂取の効果, 第35回日本肥満学会, ポスター, 宮崎(2014.10)
  • 20. 安枝明日香, 伊藤壽記, 抗酸化サプリメントの抗がん治療における補助的療法に関する臨床研究のレビュー調査, 第12回日本機能性食品医用学会総会, 口頭, 京都(2014.12)
  • 21. 岩田昌美, 坂本淑子, 林 紀行, 阪上未紀, 松本めぐみ, 石井友恵, 柴田由紀子, 木村慧心,伊藤壽記, 外傷後後遺障害に対する統合医療的アプローチ‐ヨーガ療法の観点から‐, 第18回日本統合医療学会, ポスター, 横浜(2014.12)
  • 22. 阪上未紀, 竹入沙知, 伊藤壽記, 前田和久, マカダミアナッツオイルによる精油成分の経皮吸収促進効果について, 第17回日本アロマセラピー学会, ポスター, 横浜(2014.12)
  • 23. 松本めぐみ, 前田和久, 伊藤壽記, ペパーミント精油におけるアディポネクチン分泌促進効果, 第17回日本アロマセラピー学会, 横浜(2014.12)