講座の紹介

ご挨拶

寄附講座准教授 大野 智

私たちの研究室は、平成17年1月より伊藤壽記教授のもと生体機能補完医学寄附講座として新設され、平成27年1月からは講座名を統合医療学寄附講座と改め運営して参りました。

近代西洋医学は、感染症をはじめ様々な疾患について、治療法の開発や病因の分析に多大な貢献をもたらしたことに疑いの余地はありません。しかし、がん、アレルギー疾患、精神疾患のように、食生活やストレス等様々な複合要因によって起こりうる疾患については、必ずしも容易に克服できない状況が生じています。また、加齢そのものに伴う生理学的変化・機能障害についても、近代西洋医学は患者の要望に十分に対応できているとは言いがたい現状もあります。そのため、近代西洋医学だけでなく、機能性食品、鍼灸、ヨガなどの補完代替医療(Complementary & Alternative Medicine;CAM)が広く国民・患者に利用されているという実態が明らかとなっています。

このような中、補完代替医療を近代西洋医学と対立的に捉えるのではなく、むしろ、両者を組み合わせることによって、より大きな効果をもたらし得る新しい医療の概念として、「統合医療(Integrative Medicine)」の考え方が注目されてきています。厚生労働省は、統合医療を「近代西洋医学を前提として、これに相補(補完)・代替療法や伝統医学等を組み合わせて更にQOL(Quality of Life;生活の質)を向上させる医療であり、医師主導で行うものであって、場合により多職種が協働して行うもの」と定義しています。そして、「近代西洋医学を前提として」が意味するところは、科学的根拠に基づいた医療(Evidence-based medicine;EBM)を実践することにほかなりません。そのため当講座では、統合医療を推進するために、科学的根拠(エビデンス)を「つくる」「つたえる」「つかう」の3つの視点で捉え研究・教育、臨床に取り組んでいます。

■つくる(generate)
地方自治体・民間企業との共同研究のみならず、日本医療研究開発機構(AMED)などの公的研究費を獲得し、補完代替医療を用いたヒトを対象とした臨床試験に取り組んでいます。

■つたえる(search, appraise, synthesize and disseminate)
厚生労働省の「統合医療」に係る情報発信等推進事業にて、各種補完代替医療に関する正確な情報の発信に取り組んでいます(※「統合医療」情報発信サイト:http://www.ejim.ncgg.go.jp/)。

■つかう(use)
安全性と有効性が実証された補完代替医療について、多職種が協同・連携しながら大阪大学医学部附属病院にて患者への医療サービスの一環として、補完代替医療の利活用および統合医療の実践に取り組んでいます。

これらの取り組みを通して、病に悩む患者さんのQOL改善に寄与できる医療を提供して参りたいと考えております。今後ともご指導ご鞭撻のほど、よろしくお願い申し上げます。

2017年4月1日
大阪大学大学院医学系研究科統合医療学寄附講座
寄附講座准教授 大野 智