補完代替医療とは

補完代替医療は、英語ではComplementary & Alternative Medicine といい、頭文字を取って CAM(カム)と言います。

CAMには、1)現行の医療をすべて止めて何か別のものに置き換える代替医療と2)現行の医療に何かを上乗せして、さらにQOLを向上させる補完医療との2つの要素が存在しますが、両者を厳密に分けることができないものも存在します。

CAMは当初、がんの終末期患者や治療法の確立されていない難治疾患を対象とした代替医療としてスタートしましたが、現行の医療に補うところの補完医療へと、さらには未病者に対する予防医学へと、漸次、前倒しの傾向がみられます。

CAMは、米国の国立補完代替医療センター(NCCAM)によれば、「通常の医療の領域外の治療法でまだ科学的にその効果が証明されていないもの」と定義されています。

臨床において、CAMは、がんを筆頭に婦人科疾患、神経・精神疾患、脳・心血管疾患、整形外科など広い領域を包括しています。

CAMの特徴を挙げてみますと、以下のように考えられています。

  1. 予防こそが最善の医療であるという考え方で、疾病の予防がCAMにおける究極の目的であること。
  2. 現行の医療も基本的には同じですが、自然治癒力を利用しようとすること。
  3. 現行の医療が専門医による部分的医療であるに対して、全人的医療であること。
  4. 副作用や医療事故が少なく、安全性が第一の治療であること。
  5. 利用者が積極的に関わりを持つ医療であること。