がんの補完代替医療ガイドブック

がんの補完代替医療ガイドブック(厚生労働省がん研究助成金)

このガイドブックは、医療機関で『がん』の治療を受けながら民間療法をはじめとする補完代替医療(コンプリメンタリー・オルターネイティブ・メディシン:CAM)と、どのように向き合い、利用したら良いのかを考えるためのものです。
「専門誌に発表された論文」や「各国の研究機関の見解」などの内容を整理して、考えるための方法を提供するものです。ですから、決して個人の責任で実施す るさまざまな療法を制限するものではなく、また、特定の療法を勧めるものでもありません。
また、このガイドブックは活用編と資料編の二部構成になっています。あなた自身もしくは家族・知人の方が『がん』になり、もし補完代替医療に関心をもたれ たら、まず活用編に目を通してください。さらに詳しい情報を知りたい場合は、資料編をお読みください。このガイドブックが、今後の治療に少しでもお役に立 つことができれば幸いです。

厚生労働省がん研究助成金とは?

http://ganjoho.ncc.go.jp/pro/mhlw-cancer-grant/index.html

<補完代替医療に関する研究班>
平成13年0 課題番号:13-20
研究課題名:我が国におけるがんの代替療法に関する研究
主任研究者:兵頭 一之介(筑波大学医学部消化器内科)
報告書(PDFファイル:厚生省研究班:13020.pdf)
(平成14年度より、伊藤壽記、井倉技の両名は、班長協力員として参画)

平成17年0 課題番号:17-14
研究課題名:がんの代替療法の科学的検証と臨床応用に関する研究
主任研究者:住吉 義光(国立病院機構四国がんセンター)
(大野智は、分担研究者として参画。平成17年度の取り組みとして、がん患者向けの補完代替医療ガイドブックを作成。)